<   2007年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧
# 北の里山 by 雲雀
緑二輪草、再び・・・
f0113632_11133574.jpg先日の記事でミドリニリンソウの生える環境を考察してみましたが、同じような場所で再び見つけました。
しかも今度はまとまって咲いています。
全部で5株!・・・まだ花芽の出ていない株が幾つもあるので来年、再来年にはもっと大きな群生が見られるかもしれません。
貴重な場所になりそうです。

f0113632_11142587.jpg通常5枚の花弁状の萼片がありますが、緑系のものは萼片が多くなる傾向に思えます。
勿論、通常の白いニリンソウにも萼片の多いものはありますけどね。



f0113632_11145882.jpgちょっとピントがズレてますが、萼片の縁が白いタイプです。
萼としての機能が強いためか、緑色になると反り返る傾向が見られます。白っぽいのが上向きに緑が濃いものが下向きに反っていますね。



f0113632_1116989.jpgこの花は緑になりきってませんね。でも萼片は7枚あります。
外側の大きい5枚は白くならなかった萼片でしょう。
内側の細くて白っぽい2枚は雄しべが花弁状に変化したものだと思います。

あまり綺麗とは云えないミドリニリンソウですが、ひょうきんな表情で好奇心をくすぐってくれますね。
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2007-05-31 11:20 | 植物 by 雲雀
オオバナノエンレイソウ(大花延齢草)・・・ユリ科エンレイソウ属
f0113632_16382857.jpg5月の半ばを過ぎると白い花を咲かせる延齢草が咲き始めます。本州北部から北海道の湿った林内に生える多年草です。
日本産のエンレイソウ属はエンレイソウとシロバナノエンレイソウ、オオバナノエンレイソウの3種でこのオオバナノエンレイソウ意外は日本各地で見られます。種間で交雑種が現れ易いので変種がいっぱい・・・楽しませてくれます。

f0113632_16395474.jpgシロバナノエンレイソウによく似ていますが、シロバナが横向きに咲くのに大してどちらかと云えば上を向いて咲きます。
外花被(萼)よりも白い内花被が大きく先が尖らない傾向も見られます。また雄しべが雌しべよりも長いと云う特徴もありました。
でも個体差が大きいのでそれも一概には区別できません。
確実なのは葯と花糸の長さを比較する事で、オオバナは花糸が短くシロバナは葯と花糸が同じくらいの長さです。
f0113632_16403724.jpg
おちょぼ口に紅を引いたような表情をしていますね。
ユリ科なので3倍数で、外花被が3枚、内花被が3枚、雌しべの先が3つに分かれ、雄しべが6本、葉も3枚と3が基本になっています。
花被とは植物の構造上、萼とも花弁とも区別が付かない場合に使われます。微妙な構造なんですな・・・。
f0113632_16415742.jpg
最後の写真は白花のオオバナ・・・何、同じじゃないかって?・・・よく見て下さいよ、雄しべの色が黄色じゃなくて白いでしょう!
ま、まぁ白っぽいって程度ですが、他には見られなかったのでUPしてみました。
群生地では一面薄紫色のカタクリが終わった後、オオバナノエンレイソウで真っ白に様変わりする場所もあるそうですよ。

余談ですが、北海道大学の原生林にはこの花が沢山見られ、北大の校章となっています。
開花まではカタクリよりも長く10~15年が必要です。因みにバイケイソウは90年だそうだ!
植物の時間はゆっくりとしてますな。(笑)
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2007-05-30 16:46 | 植物 by 雲雀
ザゼンソウ(座禅草)・・・サトイモ科ザゼンソウ属
f0113632_19193640.jpg去年撮ったザゼンソウは既にこんなに葉っぱがデカくなっていて独特の雰囲気が楽しめませんでした。
山野の湿地に生える多年草で、雪融けと同時に花(?)が咲き始めます。本州中部以北の日本海側から北海道にかけて分布しています。サトイモ科は熱帯に多い植物ですが、寒冷地を好む代表的な存在です。

f0113632_19203438.jpg5月に入ると同時にザゼンソウが現れました。
中心の肉穂花序を守るように包むのが仏炎包と呼ばれるもので緑や黄色、暗紫色の包があります。
この包の形が中の肉穂花序を座禅を組む僧侶に見立てさせるんですね。先に雌しべが出て枯れる頃に雄しべがでる自家不和合の植物で雌しべが元気な時は30℃前後に発熱します。

f0113632_19212046.jpg気温の低い時期に開花して昆虫に花粉を媒介させるので、フクジュソウと同様に包の中を暖めて昆虫を誘う戦略のようです。
発熱中の包の内部は20℃以上に調節されているそうですよ。
と云ってもこの時期の昆虫の活動は低調で種子の結実率はかなり低いみたいです。
まとまって群生するものの繁殖のスピードはゆっくり・・・マイペースなお坊さんですな。
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2007-05-29 19:21 | 植物 by 雲雀
オオヤマザクラ(大山桜)・・・バラ科サクラ属
f0113632_1250444.jpg5月の末になってやっと桜の写真を撮ってきました。
今年は桜の花付きがあまり良くないようです。雪が少なく、冷たい風に当たったせいか枯れた若木も多く、山は少し寂しい風景となっていました。
北海道では一般的にエゾヤマザクラと呼ばれている桜です。芽出しの葉が赤い事からベニヤマザクラと呼ぶ地域もありました。

f0113632_12511274.jpg桜と云えば花見ですが、昔の人は桜には農作物の豊凶の神様が宿っていると考えていて、桜が咲くとご馳走を供えて神様と一緒に食べ、その年の豊作をお願いしたのが始まりだそうです。
花をダシにして浮かれ遊んでたんでは無いんですね。(笑)
皆さんも桜の花の下で今年の豊作を祈願しつつ神様に気を遣いながら花を愛でましょう・・・って、もう終わっちゃってますな。

f0113632_12523025.jpgオオヤマザクラは本州中部以北に分布していて、開花はソメイヨシノより少し早いそうです。
葉の付け根に蜜腺があり、蟻などが蜜を吸いに集まっています。花にも当然蜜はあるんでしょうが、授粉と関係無い場所に蜜腺がある意味は何なのか・・・不思議な生態ですな。

今年の桜もそろそろ見納めです。また来年!!
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2007-05-28 12:53 | 植物 by 雲雀
ミドリニリンソウ・・・貴方は何者?
f0113632_14412498.jpg先月見つけたミドリニリンソウ・・・初めて見つけたので調子に乗って探してみました。
物の本には何万株に1本有るとか無いかとか・・・珍しい物のようです。
札幌の藻岩山で初めて発見されたそうですが、その後は各地で見つかっています。

f0113632_1442280.jpgバリエーションは色々あるようで、全て緑色の物や葉先が白い物、八重咲きの物などがあります。
追跡調査している方の情報では3年間同じ株が緑色の花を付けているそうですが、一般的には毎年同じ株が緑色の花を咲かすとは考えられていないようです。
シロバナカタクリと違って遺伝的な性質では無いんでしょうね。

f0113632_14423272.jpg元々萼片が花弁のようになった物ですから、葉緑素があれば緑色になるのも当然なのかもしれません。
でも、こう云う変種が多いのはイチリンソウ属の中でもニリンソウくらいなものです。
種としてはニリンソウと同じ物と云えます。ちょっとした奇形って事ですね。

f0113632_14441628.jpg探して見ると意外とあるものです。この日、3株のミドリニリンソウを見つけました。
株数は少ないんでしょうが、環境によっては発生し易いのかもしれません。
私が見つけた物は、日陰になる事の多い湿った場所で点在した群生地を形成している所にありました。
何か因果関係があるかもしれませんね。
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2007-05-26 14:44 | 植物 by 雲雀
とにかく群生!!
f0113632_19274718.jpg4月30日に撮ったエゾエンゴサクの群生です。
群生地の写真は対象物の主役が決め難いのでピンボケた雰囲気になってしまいます。
この時は中央のカタクリにピントを合わせたつもりでしたが・・・シックリしないですな。


f0113632_1928846.jpg5月14日にoyazyさんからカメラを借りて1000メガのイチデジパワーを体験しに行きました。
同じようにエゾエンゴサクの群生を撮ってみます・・・およよ、ボケ味っていうのはこういうものなのか!?
傾斜や明るさなんかも影響するでしょうが全然写りが違いますね。

f0113632_19283675.jpg斜面で適当に撮っても中央はクッキリ、手前と背景は上手くボケています。
特に中央付近の鮮明さが際立ちますねぇ・・・。
出費の多い月が続いていますが、なんとか早目にニューカメラの購入に漕ぎ着けなければ・・・。(涙)
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2007-05-24 19:29 | 風景 by 雲雀
オランダミミナグサ(阿蘭陀耳菜草)・・・ナデシコ科ミミナグサ属
f0113632_15221014.jpgスミレが咲き始めたこの時期、直ぐ近くに白い小さな花が咲いていました。ヒョロ~ンと上に伸びた線の細い植物です。日当りのいい場所で群生していました。
オランダミミナグサのようです。ヨーロッパ原産の帰化植物で、越年草とのこと。対生して付いている毛のある葉がねずみの耳に見えることから名前が付きました。

f0113632_15235316.jpg花弁の先に切れ込みがありますね。ナデシコ科ではよく見られる特徴です。
在来種にミミナグサがありますが全体に赤味を帯びるようです。
萼片は花弁より短いはずなんですが、この花は萼片が細長いですねぇ。亜種なのかもしれません。
近くで見るとなかなか綺麗です。

f0113632_15243446.jpgこの花は日中の暖かい時間帯に少しだけ花を咲かせるそうです。蕾がいっぱい付いている割には満開になる事はないんですね。寒がりな春の花なんでしょう。
小さいので見たことのある人は少ないようですが、意外に道端なんかでよく咲いています。流石、帰化植物ですね。
似た花にハコベ属の植物がありますが花弁の切れ込みが深いので花弁が10枚に見えます。ハコベは春の七草です。
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2007-05-23 15:26 | 植物 by 雲雀
春の紅葉
f0113632_2056179.jpg5月も下旬に入り、北海道では春が本番となってきました。
桜もそろそろ散り始めたんですが、町中で写真を撮る気になれない私としては早く山に出掛けたいものです。
羊蹄山も久しぶりに晴れたので、帽子を被ってお出掛けの準備です。(笑)


f0113632_20563351.jpg山々では新芽が伸び始めて薄い緑や黄色や赤など、淡い色に山肌を染めています。
春の紅葉とも云えるこの景色はコブシの白や山桜のピンクで更に鮮明になりそうです。
でも、ここの山・・・コブシや山桜は見当たりませんでした。(泣)


f0113632_20571265.jpg少し高台に登ると広々とした景色が見えてきました。
風はまだ冷たいですが、柔らかな香りと美味しい空気を運んで来てくれます。
この山々の何処かで、綺麗な花とひょうきんな虫たちが私を待っているはず・・・探しに行くぞ~!
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2007-05-22 20:57 | 風景 by 雲雀
スギナ(杉菜)・・・トクサ科トクサ属
f0113632_14373022.jpgスギナの胞子茎・・・土筆の季節はそろそろ終りを迎えようとしています。
スギナの緑の葉を持つ栄養茎と土筆の胞子茎は地下茎で繋がっていると云われていますが、一般に見るのは栄養茎か胞子茎のどちらかの群生のような気がします。群生すると胞子茎が出なくなると云う解説もありました。どうなんでしょうね。

f0113632_14382530.jpg胞子茎は群生しない?・・・そんな事はないですね。土筆の群生はよく見られる光景です。
ニョキニョキと元気良く伸びていますが、袴の部分が少し緑っぽいですね・・・実際、袴は葉の名残なんだそうです。
土筆を食べると花粉症の症状が止まったと云う話もあるので、そこで泣いてる方・・・食べてみては?

f0113632_14385739.jpgしっかし、ここは生え過ぎ!ここは来月、芝桜祭りが開催されるスキー場の斜面ですが、この辺には植えないんでしょうか?
つくし料理を食べるんなら採り放題ですけどね。
これだけ生えて胞子を播くとなると来年はもっと群生しているかもしれません。胞子で殖える・・・外見からは解り難いですが、多年性のシダ植物でした。

f0113632_144067.jpg夕陽に染まって寂しげに生えているものもありました。うん、この方が絵になりますな。
スギナの先祖は3億年以上も前から存在したそうです。胞子には4本の紐条の菌糸のような物が付いていて、湿ると縮まり、乾くと伸びるそうです。
顕微鏡で見ると息を吹きかけるだけで動くのが見えるそうですよ。
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2007-05-21 14:40 | 植物 by 雲雀
春先の蝶たち
4月から5月に掛けて、まだ日陰に雪が残っている季節に早くも蝶たちが活動を始めています。
今日は今年の春に出逢った蝶たちを出逢った順番に紹介してみます。

f0113632_11505643.jpgトップバッターはこちら・・・コツバメ。
銅金色の枯葉のような地味な裏面の模様と違って表面の翅の色は濃い瑠璃色をしています。
毎年早春に出逢えるのを楽しみにしている蝶です。でも翅を開いて止まってはくれません。(涙)


f0113632_11512931.jpg2番目はエゾスジグロシロチョウ。
雪の合間から顔を出したフキノトウの花で吸蜜しています。
早春から秋の始めまで、ず~っと見られる北海道のシロチョウです。
道外のものをヤマトスジグロシロチョウとして区別しています。
スジグロシロチョウと云うのも居て区別は困難ですな。

f0113632_11544386.jpg次は先日紹介したスギタニルリシジミ。
鮮やかな瑠璃色の翅を持つ蝶ですが、こちらも滅多に翅を開きません。
翅を開くと日光浴で体を温めるよりも春のまだ冷たい風で体温が逃げる量が多いからでしょうね。


f0113632_11551889.jpg4番目に出逢ったのはオオモンシロチョウ。
春先から登場してました。この辺にはもう普通のモンシロチョウは居なくなってしまったのでしょうか?
蝶の写真を撮り始めて4年目・・・モンシロチョウの写真が無いとは情けない・・・。


f0113632_11554988.jpg5月の中旬に入って見られるようになったのがルリシジミ。
スギタニ・・・よりも地色が白い裏面で表面は明るい瑠璃色をしています。
翅の裏は雲の色、翅の表は空の色・・・町中でも夏の終りまで小さな空を見せてくれます。

早春は翅を閉じている蝶ばかりで少し寂しい・・・。
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2007-05-19 11:57 | by 雲雀


冬の里山

北海道の自然を羊蹄山の麓から写真と共に紹介しています。写真をクリックすると拡大します。
by 雲雀
お気に入りブログ
感動写真 なまらいいっしょ!
い~はな屋.net
バスケに思うこと
LITTLE GREEN...
散歩道
会長日記ヾ(≧▽≦)ノ
・・・komiさん。
kosode草紙
・・・小麦さん。
ふたりぐらし
・・・いくら丼さん。
ぴー太郎さんの部屋
・・・いくら丼さん。
雑記帖
・・・まつさん。
伊豆でまったり生きてみる③
・・・takakoさん。
Flower of field
・・・あいこっちさん。
野に咲く花や木々
・・・あいこっちさん。
北海道からこんにちわ
・・・ゆっきぃさん。
わがまま きまま 落書き
・・・レミ君。
しぃとおしゃべり
・・・なびぃさん。
ひつじのかあさん
・・・arutoさん。
イヌのキモチ
・・・よもぎ大福さん。
今日のできごと
・・・ぶっさん。
榮太郎のつぶやき!
・・・榮太郎さん。
緑の森
・・・pencilさん。
SIEG de SCHNA-ジークの生活♪
・・・ちぃさん。
ママの独り言
・・・なほ♪さん。
そよかぜ
・・・そよかぜさん。
愛しのサザビー
・・・AYAさん。
その後のサザビー
・・・AYAさんの兄。
花が好き
・・・hayaseさん。
ひなたぼこ
・・・ふうこさん。
今日の一枚
・・・oyazyさん。
パピヨン大好き
・・・ゆりさん。
しろぶたの独言・・・
・・・ひー様。
落窪物語
・・・ぐぅさん。
スナフキン的放浪記
・・・Akiraさん。
Akira.O's photos
・・・Akiraさん。
3階建・新築日記
・・・takakoさん。
Yokkoの日記
・・・Yokkoさん。
さいとうさんのオリーブ奮闘記
・・・さいとうさん
椎菜☆の日々生活
・・・椎菜☆さん
北の里山
・・・毎日写真1枚公開中。

------------------------------
●過去Blog●
北の里山Ⅰ
・・・以前のBlog。
北の里山Ⅱ
・・・以前のBlog。
irugi
・・・uminekoさん。
kosode草紙
・・・ゆすらうめさん。
なを蔵庫
・・・なをさん。
行雲流水
・・・松風さん。
行雲流水 2
・・・松風さん。
伊豆でまったり生きてみる①
・・・takakoさん。
伊豆でまったり生きてみる②
虫さん専用
・・・レミ君。
花が好き
・・・hayaseさん。
"ちょこ"と一緒 №1
・・・hayaseさん。
"ちょこたろう"と一緒に
・・・hayaseさん。
ひなたぼこ
・・・ふうこさん。

------------------------------
●HP●
あいこっち的 野の花図鑑
・・・あいこっちさん。
田舎のさんぽみち・風のたよりPⅡ
・・・レミ君。
愛しのサザビー・特設サイトGood Luckサザビー・サザビー
・・・AYAさん。




------------------------------
『コケ愛好会』会員募集中!
コケが好き!ならどなたでも
OK♪です。ご一報を!

会長 会長日記ヾ(≧▽≦)ノ
    ・・・komiさん
会員 kosode草紙
    ・・・小麦さん
会員 ふたりぐらし
    ・・・いくら丼さん
会員 チワワ屋本舗と和の
    ビーズ・・・くーちゃん
会員 行雲流水2
    ・・・松風さん
会員 伊豆でまったり生き
    てみる・・・takakoさん
会員 北の里山
    ・・・雲雀

 <<コケ愛好会理念>>
地球を苔玉化し世界平和を!
(現在、世界をコケで覆いつく
す計画、進行中)


カウンター 無料
seo 相互リンク 無料YouTubeアニメ高速バス





カウンター


[PR] キャッシング
最新のトラックバック
カテゴリ
以前の記事
タグ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧