<   2006年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
# 北の里山 by 雲雀
今宵に乾杯!
f0113632_14362261.jpg何かあったかって?・・・いえいえ何もありません。昨夜は飲んだって話です。私は日本酒好きなので飲み屋さんに行くとほぼ日本酒以外は飲みません。
大人数の宴会でも乾杯から日本酒を頂きます。仲間内も理解してくれているので、体外的な宴会の席でも「ビール10個に日本酒1つ!」と云ってくれます。(爆)

f0113632_14374880.jpgそんな私が最近行き着けているカクテルバー「EDDY」・・・決してバーテンダーが美人のママさんだから通っているのでは・・・
ないと思う・・・。
何てったって熊本の純米酒「美少年」をショットで飲ませてくれるのがありがたい。しかも、お値段は1杯200ccを軽く越えて500円也・・・安っ・・・商売になるのか?

f0113632_14421485.jpg近々、町の観光パンフレットに紹介文が掲載されるのでそこに載せる写真を撮ってきました。
チャージ、カクテル、ビールが殆んど全て500円!1コインで飲める若者向きのバーです。こんな所で日本酒を飲んでいるのは私だけですな。はぅぅ~っ。
因みに3枚目は行き着け(一体幾つ行き着けが!)のスナック「さつき」。オープン前日に撮らせて貰ったので棚がカラッポですね。ボックスが広くて50人までの宴会が可能です。
明後日辺り、また顔を出しに行って来ま~す。(酔)
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2006-11-30 14:53 | トピックス by 雲雀
エゾエンゴサクの締めはやはり白花
f0113632_1652515.jpg図鑑などでは稀に白花があると書かれています。
確かに数はそんなに無いようです。でも云われているほど見つからないものでもないみたいですよ。
カタクリウツボグサの白花は年に1度でも拝めればいい方ですが、エゾエンゴサクの白花は群生地があれば何処かに1つくらいはあるので年に10株くらいには出逢えます。
この近辺に限ったことなんでしょうか?
羊蹄山のとある所には白花のエゾエンゴサクの群生地があるとも聴いています。
f0113632_167014.jpg
白花があるってことは赤や青の混じったものも有るってことで探してみると・・・有るものですね。
距の部分は真っ白で花弁だけが赤紫のものがありました。
花の根元が白いせいか茎の色も赤味がありません。
こういう色の株は白花と同様に少ないですが、色の強弱があるので近いものは結構ありそうです。
f0113632_1675040.jpg
もう1枚は白地に青。白花を探していると結構見つかります。
白花だと思って近付いてみると、薄っすら水色掛かっていたり、写真のように筋が入っていたりします。
こんなに色の変化に富んだ花はなかなかありませんね。
これから一面真っ白な雪の季節になる時に、多彩な色を見せてくれるエゾエンゴサクを思い出すのも心情というものでしょう。
参考・・・スプリング・エフェメラル
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2006-11-29 16:09 | 植物 by 雲雀
昨日に引き続きスプリング・エフェメラル
f0113632_1115693.jpg今日もエゾエンゴサクの写真です・・・今回は赤色系。
1枚目はピンク色の花です。柔らかい雰囲気ですね。
昨日の青色系の花はキリっとしていて青年の爽やかさがありましたがこれは少し印象が変わります。
女性らしい柔らかさと幼さを感じさせる色合いです。
色合いだけでも印象というのは全然変わるものですな。

f0113632_1164491.jpg2枚目は赤と紫が混じったもの・・・。
赤色系のものは少ないので見つけるのは大変です。
1枚目のピンクのものより少しキツくなった印象です。
こんな色があるのなら真っ赤なものがあっても良さそうですが、未だ出逢えてません。来年はどうでしょうね。
毎年出逢える花でも楽しみ方は色々です。

f0113632_11164985.jpg3枚目は紫色です。色の薄いところは少し青っぽくなっていますが、意外と濃い色です。
気をつけて見ると赤色系の花は茎の色も赤いものが多いようです。色素が植物全体に広がっているのでしょうか・・・。
黄色や白の花が多い早春は、エゾエンゴサクの群生地がカタクリと並んでカメラマンや家族連れの憩いの場所となっています。
花を踏みつけたり、ゴミを棄てたりしないようマナーを守って楽しく観賞したいですね。参考・・・スプリング・エフェメラル
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2006-11-28 11:22 | 植物 by 雲雀
久々のスプリング・エフェメラル
f0113632_1344778.jpgこれから冬だと云うのに、春の花・・・エゾエンゴサクです。
この花は青紫~赤紫まで変化に富んだ色の花を付けます。
群生地では右の写真のように水色のものと紫っぽい色のものが混在している程度に見えますが、近付いて見ると思った以上に個性的な表情を持っています。
今日は青色系の花を見てみましょう。

f0113632_134569.jpgまずは水色の花・・・この色が一番多いように見えますが青色の濃さはそれぞれ違います。代表的な色の一つではありますね。
ケマンソウ科キケマン属の多年草ですが、ケシ科にも含まれています。科の分類体系が2種類あるためです。
1990年以前は形態から分類したエングラー体系と云うものが主流でしたが1988年に進化を主軸としたクロンキスト体系が発表され移行されつつあります。
f0113632_13461494.jpg
次のは青紫の花・・・紫掛かった濃いブルーです。
不思議な形をした花ですが、意外にスマート・・・太陽光に照らされて、蝶の翅の鱗粉のように輝いてます。
花の後ろの出っ張った部分は距(きょ)と呼ばれる蜜を溜める部分で、スミレやトリカブトの仲間にも見られます。
細長くなっているのは蜜を吸いに潜り込んだ虫へ確実に花粉を付けるための知恵ですな。
参考・・・スプリング・エフェメラル
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2006-11-27 13:49 | 植物 by 雲雀
ハルジオン、ヒメジョオン
f0113632_1204025.jpg休みがあった割にバスケの試合などのネタにならないイベントが多くネタ不足状態が続いております。
そこでまた花・・・今まで取り上げていなかった身近な花です。
まずはハルジオン・・・かな?見分け方は蕾がうな垂れているかどうかで分るそうですが、これが意外と微妙・・・。
茎を切ってみて中が中空ならハルジオン、というのが一番確実です。切ったら駄目じゃん!
この写真も今一疑問ですな・・・もっと花弁が細くてモッサモッサしてるハズなんですが・・・。

f0113632_1222030.jpg2枚目は自信をもってヒメジョオン。ヒメジオンじゃないです。
ハルジオンもそうですがヒメジョオンも薄っすらと紫がかるものが見られます。特に秋口にこんな色の花が多いようです。
何処にでも生えていてあまり興味を引く花ではないですが、写真に撮ると絵になり易い花ですね。
練習台として活躍してくれる上に、雪が降る直前まで花を見せてくれる気のいい奴でもあります。

f0113632_129148.jpg3枚目はヘラバヒメジョオン・・・根元の葉の形がヘラ状なので区別されています。
てか、花だけ見てたら判りませんよね・・・3種類ともキク科ムカシヨモギ属で北アメリカからの帰化植物です。
早春から夏にかけて花を咲かせるハルジオン、夏から秋にかけて花を咲かせるヒメジョオン・・・北海道の雪の無い時期にはどちらかと出会えるハズです。

急遽、取り上げた記事だったのでハルジオンに関しては曖昧な写真となってしまいました。来春、
しっかり調査して自信のある記事をUPします。今回は花だけ見てマッタリして下さいませ・・・。
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2006-11-24 12:11 | 植物 by 雲雀
パノラマ写真
ネタ切れしてしまったので以前「北の里山Ⅰ」で紹介したPhotoFitFeelを使ったパノラマ写真をUPします。あちらは現在繋がらないのでリンクもできません。(泣)
同じ場所から同じズーム(普通は目いっぱい広角側)で、写真と写真が5分の1程度重なる間隔で撮った写真があれば自動的に繋げてパノラマ写真を作ってくれます。
このツールはフリーソフトの割に使えます。操作方法も最初に少し戸惑う程度で意外と簡単!手軽に楽しめる逸品です。
f0113632_1525646.jpg
完成写真はもっと大きいものも出来ますがフリーソフトでは処理容量の制限があって大きいサイズを指定するとモノクロになってしまいます。
ここにUPしたパノラマ写真の原画は2MB程度ですがブログの添付画像サイズが500KB以下となっていたので画質を落として添付しています。
ダウンロードしたい方はPhotoFitFeelで検索してみて下さい。1番上にHitするはずです。
f0113632_15401131.jpg
前にhayaseさんが山小屋のパノラマ写真が欲しいと云っていたのでもう1枚UPしました。(笑)
f0113632_15412424.jpg
明日は祭日なので休みま~す!
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2006-11-22 15:42 | トピックス by 雲雀
冬将軍、北海道に到着!
f0113632_14162642.jpg西日本から紅葉の便りが届く中、北海道では冬将軍が陣地の設営を始めました。
本格的な戦闘を開始する準備をしている最中らしく、まだ積もったり融けたりを繰り返していますが、総攻撃が始まるのも時間の問題です。
右の写真は2週間前・・・それがついこの前の日曜日には真っ白に・・・いよいよ半年間に渡る戦の狼煙が上げられます。
f0113632_14184569.jpg
昨日になって晴れ間が出てきたので少しは融けましたが、今日からは再び荒れる予報になっているので、この雪が根雪になりそうです。今年はあまり積もりませんように・・・ナ~ム~・・・。
毎朝寒くなり始めたので環境に悪いと云っても車のエンジンは出掛ける15分前に始動しなければなりません。
ガソリン代が上がったご時世にはキツイ季節です。
f0113632_14224210.jpg
この景色、少し高い位置からの撮影というのが分ると思いますが・・・そう、またまた登ってきましたよ。ジャンプ台!
足元が見え難くなったので恐怖心は減りましたが、滑るので危険度は上がっているような・・・もう5回目、だんだん慣れてきました。それでも滑り出しの間際まで行くと流石に足が震えます。
靴のまま滑り落ちそうな感覚に捕らわれますね。ひゃ~!
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2006-11-21 09:00 | 風景 by 雲雀
ササの不思議
すっかり雪で覆われてしまった北海道では、植物は皆越冬状態です・・・ん?・・・まだ緑を残しているものがありますね。常緑の松と笹がそうです。笹は雪が更に積もると雪の下に埋もれてしまいますが、常緑のまま冬を越える凄い奴です。
笹も他の植物と同様、花を咲かせますが、あまり知られていませんね。花を探しに行きましょう。

f0113632_10522654.jpg北海道で一般的に見られる笹はクマイザサ、チシマザサ、ミヤコザサの3種類です。クマイザサが全体の5割を占め、チシマザサが4割程度です。
豪雪地帯の羊蹄山の麓では背の高いチシマザサが多く見られます。芽が斜めに生え始め、湾曲して上に伸びる性質からネマガリタケとも呼ばれています。
この芽が大変美味しく、タケノコと呼ばれて毎年遭難者が出るほ
f0113632_10531993.jpgどポピュラーな山菜です。

雪が融けきりそうな5月の初め、葉の付き方がまばらな笹を見ることがあります。笹の開花です。
笹の茎の寿命はチシマザサでだいたい8年程度、1つの根から毎年芽を出し根の寿命は30年、60年、120年とも云われています。
f0113632_1054326.jpg笹の開花はその根の寿命が尽きる時だけに見られる笹の一世一代の大事業なのです。

笹はイネ科ササ属なので稲と同じように実を付け、食料にもなります。一斉に開花することもあって地ネズミが大量発生する要因ともなっています。
ところで、ササは寒さに強い植物だと思っていませんか?砂漠
f0113632_10571671.jpgにサボテンがあるように、北国には冬でも笹があると・・・。
笹は温暖な気候と湿気を好む植物で、熱帯から温帯にかけて生育する植物です。日本の四国より上の緯度に分布する地域は日本とサハリン以外にはありません。
冬の間も雪の中で新芽を冷たい風から守るので北国では雪の多い所でしか生息できないという不思議な植物でもあります。

山歩きの障害になる笹ですが、木材の3倍の収穫が見込める新たな資源と云われています。
近い将来、笹の伐採が進んで環境問題が・・・というニュースを聞くことになるかもしれません。
もっと大切にしなくちゃね。
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2006-11-20 11:01 | 植物 by 雲雀
里山の山小屋について
f0113632_10501731.jpgここの里山の起こりは32年前・・・養豚場と農家を営む母方の実家のあった裏山の土地を親父が買った時から始まりました。
地価も二束三文・・・廃車になった大型バスの席を外して畳を敷き、宿泊場所を作りトドマツの苗を植えていました。
今の山小屋が建ってからは20年くらい経ちますが、一昨年の5月には樹齢30年の木々が鬱葱としていました。

f0113632_10525952.jpgそしてその年の平成16年9月に到来した台風18号・・・偏西風に乗り、スピードアップしたこの台風は北海道に大きな傷跡を残すことになります。
ここの里山も例外に漏れず、9割方の木が倒木または割れの被害を受けました。この時ばかりは親父もションボリしてしまい涙目だったかも・・・年内の跡片付けに翻弄されました。

f0113632_10542855.jpg明けて平成17年5月、1枚目の前年と同じ時期の写真と比べると、様変わりした様子が一目瞭然です。
なんとも見晴らしのいい空き地になってしまっています。それにしてもあの大木も倒れる嵐と、その倒木が大地を埋め尽くす災害の中、山小屋が窓も割れずよく残ったものだと感心します。
これは、里山にとって不幸と云うよりは幸運と考えた方がいいようですね。
f0113632_10552876.jpg
それでも今年の1月には連日の大雪でお菓子の家状態・・・折角試練に耐えた山小屋・・・車で30分、歩いて30分の道程を苦労して雪降ろしに来ないと無駄になってしまいそうです。
これからも私にとって自然観察のフィールドの中心となるこの場所・・・何時までも里山の役目が果たせるように、大切に管理していきたいと思います。
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2006-11-17 09:00 | トピックス by 雲雀
初雪降りました・・・そして、融けました
f0113632_8333799.jpg11月11日、羊蹄山の麓にもとうとう初雪が降りました。雪が多かった割りに初雪が遅かった去年より、2日遅い初雪です。
昼過ぎから霙雪(みぞれゆき)が降り始め5cm程積もったようです。次の日の午後には融けましたが、その後も霙混じりの雪が降ったり止んだり・・・。
できれば遅い方が助かる積雪ですが、ボーダーやスキーヤーには待ちに待った季節の到来です。
f0113632_8403350.jpg
・・・と思っていたら・・・平地ではすっかり融けてしまいました。
雪を被ると葉が完全に落ちてしまうカラマツの葉も降雪の期間が短かったせいかまだ葉を付けています。
後ほんのもう少しだけ秋色を残した景色が見られそうです。

今年は台風の直撃を受けなかった北海道ですが、地球温暖化
f0113632_8483216.jpgのせいか、最近、竜巻の被害が顕著に現われ始めています。
亡くなった方々にはお悔やみを申し上げると共に、被害を受けた方、残された遺族がこれからの厳しい季節を無事過ごされますようお祈り致します。
人間の我儘が引き起こす自然のしっぺ返しが一部の地域に振りかかると云う不条理を考えさせられるこの頃です。

環境の改善・・・身近なことからでも取り組みたいですね・・・。
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2006-11-16 09:00 | トピックス by 雲雀


冬の里山

北海道の自然を羊蹄山の麓から写真と共に紹介しています。写真をクリックすると拡大します。
by 雲雀
お気に入りブログ
感動写真 なまらいいっしょ!
い~はな屋.net
バスケに思うこと
LITTLE GREEN...
散歩道
会長日記ヾ(≧▽≦)ノ
・・・komiさん。
kosode草紙
・・・小麦さん。
ふたりぐらし
・・・いくら丼さん。
ぴー太郎さんの部屋
・・・いくら丼さん。
雑記帖
・・・まつさん。
伊豆でまったり生きてみる③
・・・takakoさん。
Flower of field
・・・あいこっちさん。
野に咲く花や木々
・・・あいこっちさん。
北海道からこんにちわ
・・・ゆっきぃさん。
わがまま きまま 落書き
・・・レミ君。
しぃとおしゃべり
・・・なびぃさん。
ひつじのかあさん
・・・arutoさん。
イヌのキモチ
・・・よもぎ大福さん。
今日のできごと
・・・ぶっさん。
榮太郎のつぶやき!
・・・榮太郎さん。
緑の森
・・・pencilさん。
SIEG de SCHNA-ジークの生活♪
・・・ちぃさん。
ママの独り言
・・・なほ♪さん。
そよかぜ
・・・そよかぜさん。
愛しのサザビー
・・・AYAさん。
その後のサザビー
・・・AYAさんの兄。
花が好き
・・・hayaseさん。
ひなたぼこ
・・・ふうこさん。
今日の一枚
・・・oyazyさん。
パピヨン大好き
・・・ゆりさん。
しろぶたの独言・・・
・・・ひー様。
落窪物語
・・・ぐぅさん。
スナフキン的放浪記
・・・Akiraさん。
Akira.O's photos
・・・Akiraさん。
3階建・新築日記
・・・takakoさん。
Yokkoの日記
・・・Yokkoさん。
さいとうさんのオリーブ奮闘記
・・・さいとうさん
椎菜☆の日々生活
・・・椎菜☆さん
北の里山
・・・毎日写真1枚公開中。

------------------------------
●過去Blog●
北の里山Ⅰ
・・・以前のBlog。
北の里山Ⅱ
・・・以前のBlog。
irugi
・・・uminekoさん。
kosode草紙
・・・ゆすらうめさん。
なを蔵庫
・・・なをさん。
行雲流水
・・・松風さん。
行雲流水 2
・・・松風さん。
伊豆でまったり生きてみる①
・・・takakoさん。
伊豆でまったり生きてみる②
虫さん専用
・・・レミ君。
花が好き
・・・hayaseさん。
"ちょこ"と一緒 №1
・・・hayaseさん。
"ちょこたろう"と一緒に
・・・hayaseさん。
ひなたぼこ
・・・ふうこさん。

------------------------------
●HP●
あいこっち的 野の花図鑑
・・・あいこっちさん。
田舎のさんぽみち・風のたよりPⅡ
・・・レミ君。
愛しのサザビー・特設サイトGood Luckサザビー・サザビー
・・・AYAさん。




------------------------------
『コケ愛好会』会員募集中!
コケが好き!ならどなたでも
OK♪です。ご一報を!

会長 会長日記ヾ(≧▽≦)ノ
    ・・・komiさん
会員 kosode草紙
    ・・・小麦さん
会員 ふたりぐらし
    ・・・いくら丼さん
会員 チワワ屋本舗と和の
    ビーズ・・・くーちゃん
会員 行雲流水2
    ・・・松風さん
会員 伊豆でまったり生き
    てみる・・・takakoさん
会員 北の里山
    ・・・雲雀

 <<コケ愛好会理念>>
地球を苔玉化し世界平和を!
(現在、世界をコケで覆いつく
す計画、進行中)


カウンター 無料
seo 相互リンク 無料YouTubeアニメ高速バス





カウンター


[PR] キャッシング
最新のトラックバック
カテゴリ
以前の記事
タグ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧