カテゴリ:風景( 58 )
# 北の里山 by 雲雀
曇りでもお出掛け・・・
f0113632_1593758.jpg今日も曇り・・・時々陽が射すんですが、なんだかスッキリしない天気が続いています。薄っすらと見えるニセコ連峰も暗雲に囲まれ、元気がなさそうです。
こんな天気じゃ写真も撮れない・・・でも、紅葉のピークかもしれないし・・・。
駄目元で、紅葉を探しに行ってきましょう!

f0113632_15101274.jpg再び羊蹄山の麓にある半月湖に足を踏み入れました。
火口湖なので、少し歩かなくてはいけません。
曇り空の下で続く林道は、まだ5割も紅葉していないようです。
まだ早かったのか・・・来週か再来週?・・・もう雪が降っちゃいますよ~。(泣)

f0113632_15104671.jpg湖に下りて行くと、先週よりは紅葉が進んでいました。
ピークは来週くらいでしょうか?・・・来週は忙しいんだよなぁ・・・。
天気が良ければ、もう少し鮮やかな紅葉が見られたかもしれません。
ちょっとだけ時間の取れる20日の午後に期待します。

f0113632_15112168.jpg時間を持て余し気味で帰る途中、落ち葉をカサコソと掻き分ける音が・・・。久しぶりのエゾシマリス君の登場です。
シマリスはエゾリスと違って冬眠するので、沢山のドングリを貯蔵しておかなければいけません。
寝てるのに?・・・いえいえ、シマリスは脂肪を体内に貯めないので、時々起きて食事をしないといけないそうです。
暗いためピンボケ・・・雲のバカヤロ~!
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2007-10-15 15:12 | 風景 by 雲雀
キノコの秋・・・あと僅か
f0113632_15211321.jpg今日も羊蹄山に雪が降り、早朝は頂上から9合目付近まで白くなっていました。直ぐ曇ってしまいましたが・・・。
麓では各種のキノコがあちらこちらで顔を出し、しぶとく秋を演出しています。
→はタマゴタケ。頭が丸いからではなく、下の白い皮を破って出てくるまでは、本当に白い卵の形をしています。

f0113632_15232880.jpg2枚目はシロヒメホウキタケ。(たぶん)
朽木から葉の落ちた白樺のように生えていました。
ちょっと不気味な美しさがありますね。
上のタマゴタケは食べれますが、このシロヒメホウキタケは食毒不明です。そっくりで枝分かれしないシロソウメンタケは食べれるんですけどね・・・食べないけど!

f0113632_15242046.jpg不明と云えば、こんなキノコも生えていました。
まだ幼菌なのか薄い色で、形も可愛らしいんですが、種類は同定できませんでした。
キノコの種類は日本だけで4000~5000種。そのうち名前が付いているのは2000種程度だそうです。
まだまだ謎の多い分野ですな。

f0113632_15245998.jpg昨日UPした羊蹄山の写真を撮った後に、水源地からも写真を撮っていました。晴れている時は少ないですからね。
少し暗くなってしまいましたが、ちょうど風も殆ど無く、水面に写った逆さ羊蹄も綺麗に見えました。
この辺りの紅葉は後2週間って所です。また晴れてくれることを祈ります。
てか、行事も無く、休める事を祈りたいです。(涙)
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2007-10-11 15:27 | 風景 by 雲雀
晩秋・・・深まる秋に見た物とは・・・
f0113632_12384919.jpg紅葉シーズンは少し寒いですが、空気が澄み切り空も高く、景色が大きく綺麗に見える時期でもあります。
この日は雲も無く快晴・・・夕方には紅葉が麓まで迫って来た羊蹄山に夕日が当り、山肌を赤く染め上げていました。
何時の間にか秋も深まり、冬が近づいて来る気配がひしひしと感じられる風景になってきました。

f0113632_1239229.jpg秋の深まりは、身の周りのちょっとした物にも表れています。
唐松(ドイツトーヒ)の葉は赤黄色く紅葉し、風がすり抜ける度に細い針葉を降らせています。
葉が落ちるので迷惑な松ですが、この下では美味しいキノコが育ちます。(旨)

f0113632_12395196.jpg山道にはドングリが落ちていました。ミズナラのドングリのようです。辺り一面に落ちていましたが、芽が出るのは意外に少ないそうです。
冬を越すリスやジネズミなどに食べられたり、昆虫の食料として利用されますからね。
木の生存競争も厳しいものです。

f0113632_12403371.jpgそして何時か、こんな大木に・・・松林の真ん中に白樺の木が堂々と枝を張っていました。
トドマツ林の中なので、夕暮れ前のこの時間にしか太陽光を浴びれない場所ですが、1本だけ逞しく育っていました。
遠い過去、近くに沢山の仲間が居たのかもしれません。
この松林の中では孤高の存在です。
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2007-10-10 12:40 | 風景 by 雲雀
秋から冬へ・・・冬支度開始
f0113632_18501024.jpg暇を見つけて羊蹄山の麓にある半月湖に行ってきました。
この湖は噴火の爆発によって出来た火口の穴に水が溜まったもので、湖の北寄りには溶岩が固まって出来た70m程度の山があるため、半月のような形になっています。
今年の紅葉はまだでしょうか?・・・湖面には少しずつ色付いた木々の葉が映っていました。

f0113632_18504526.jpgまだ、色付き始めのようですが、木々は確実に冬支度を始めているようです。
紅葉した山の向こうにある羊蹄山の頂上付近が少し白っぽくなっていますが、これは雪ではありません。
昨日の朝、少し頂上に降ったようです・・・とうとう、雪の季節が山頂から近づいてきました。

f0113632_18511241.jpg雪の気配を感じたのか、白いフワフワしたものが舞い始めました。写真は・・・何だか全然分かりませんね。
北国の晩秋に見られる風物詩、雪虫の初登場です。
正式名はトドノネオオワタムシ・・・アブラムシの仲間で、雌は産卵の為にトドマツからヤチダモなどモクセイ科の木を求めて飛び交ます。

f0113632_185225.jpg時々、小枝に止まって小休止していました。
雪虫はモクセイ科の木で2世代が生活した後、トドマツの木に移り、根から樹液を吸います。この時には綿が付いていません。6、7世代目に越冬が出来る特別な卵を産むそうです。この卵を産む成虫が綿を付けた雪虫です。
雪が降る頃まで飛び交うので、私たちの目を雪に慣れさせる役目を担っているみたいです。(笑)
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2007-10-09 18:53 | 風景 by 雲雀
今年も、お世話になりました~!
私が昼休みによく行く山(・・・丘?)も、そろそろ花の季節が終わり、寂しくなってきました。
今年は里山の方へ、あまり行く暇が出来なかったので、この場所は重宝しました。
広い斜面では、季節の植物が楽しめた場所でもあります。
折角の機会なので、ここの斜面の1年を振り返ってみましょう。

春にはツクシの大群が、斜面を覆いツクシてました。うひひ。
そして、初夏にはブタナ・・・下草刈りされても再生して咲いてました・・・丈ブタナぁ~。(苦)
f0113632_12103346.jpgf0113632_12104528.jpg






真夏になるとマツヨイグサの群生が見られます。・・・流石にネタ切れ。
黄色ばかりと思っていたら、マツヨイグサが減りだした頃には白い綿帽子が・・・。
ブタナの綿帽子です。ここは群生する場所なんですね。
f0113632_12113810.jpgf0113632_12114828.jpg






f0113632_12123141.jpgそして先週、この場所はススキの原っぱになっていました。
1年を通じて群生地になっいるようですね。
この後は、雪で覆われ、スキーヤーやボーダーの遊び場になります。町営の小さなスキー場なので、小学生のスキー授業がメインです。
私の利用はボチボチ終わり・・・また来年ヨロシク♪
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2007-10-03 12:14 | 風景 by 雲雀
散歩道・・・朝露に濡れて・・・
f0113632_1446377.jpg秋も深まり、朝晩は5~10℃と気温が下がってきました。
最高気温は15~20℃。時折暖かい日もありますが、先日は雷と共に5mm程度の雹と大粒の雨が同時に降っていました。
流石は季節の変わり目・・・落ち着かない天気です。
冷え込んだ早朝は山も普段とちょっと違って見えます。

f0113632_14474167.jpg1枚目の写真はスギナについた朝露です。霜が降りる程は冷え込みませんでしたが、全身に水滴を纏っています。
2枚目はヒメジョオン。こちらもびっしりと水滴が付いてますね。
花は開いたまま夜を越すようです。当たり始めたばかりの太陽の光を精一杯受けようとしているようでした。

f0113632_1522501.jpg3枚目はメマツヨイグサです。マツヨイグサの花は夜咲きますから早朝は花が全開に開いていますね。
昼から萎み始めますが、今はまだピンとしています。
もともと花びらに光沢があり、黄色なので光の反射が多い花ですが、水滴が付いて黄金色に輝いていました。

華やかな花の季節が終わった散歩道ですが、時間が変わればまだまだ見所はあるものです。・・・また来よう・・・♪
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2007-09-29 11:07 | 風景 by 雲雀
とにかく群生!!
f0113632_19274718.jpg4月30日に撮ったエゾエンゴサクの群生です。
群生地の写真は対象物の主役が決め難いのでピンボケた雰囲気になってしまいます。
この時は中央のカタクリにピントを合わせたつもりでしたが・・・シックリしないですな。


f0113632_1928846.jpg5月14日にoyazyさんからカメラを借りて1000メガのイチデジパワーを体験しに行きました。
同じようにエゾエンゴサクの群生を撮ってみます・・・およよ、ボケ味っていうのはこういうものなのか!?
傾斜や明るさなんかも影響するでしょうが全然写りが違いますね。

f0113632_19283675.jpg斜面で適当に撮っても中央はクッキリ、手前と背景は上手くボケています。
特に中央付近の鮮明さが際立ちますねぇ・・・。
出費の多い月が続いていますが、なんとか早目にニューカメラの購入に漕ぎ着けなければ・・・。(涙)
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2007-05-24 19:29 | 風景 by 雲雀
春の紅葉
f0113632_2056179.jpg5月も下旬に入り、北海道では春が本番となってきました。
桜もそろそろ散り始めたんですが、町中で写真を撮る気になれない私としては早く山に出掛けたいものです。
羊蹄山も久しぶりに晴れたので、帽子を被ってお出掛けの準備です。(笑)


f0113632_20563351.jpg山々では新芽が伸び始めて薄い緑や黄色や赤など、淡い色に山肌を染めています。
春の紅葉とも云えるこの景色はコブシの白や山桜のピンクで更に鮮明になりそうです。
でも、ここの山・・・コブシや山桜は見当たりませんでした。(泣)


f0113632_20571265.jpg少し高台に登ると広々とした景色が見えてきました。
風はまだ冷たいですが、柔らかな香りと美味しい空気を運んで来てくれます。
この山々の何処かで、綺麗な花とひょうきんな虫たちが私を待っているはず・・・探しに行くぞ~!
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2007-05-22 20:57 | 風景 by 雲雀
春山探険
f0113632_11303013.jpg春先に山を歩くと見る物が新鮮に見えます。
まず目に止まったのはコフキサルノコシカケ(粉吹き猿の腰掛)・・・キノコの仲間です。
何処が粉吹なんでしょう・・・詳しい時期は判りませんが夏頃になると沢山の胞子を撒き散らし辺りを茶色にする程の粉を吹きます。傘の部分の縞模様からすると5年物のようです。

f0113632_11312620.jpg次に見つけたのはこのキノコ。妙な形というか・・・メルヘンチックで可愛げもあります。
ちょっと毛深いところが不気味ですけどね。
このキノコは何だか判りませんでした。後でじっくり調べる事にしましょう。
雨が降ったら壷に水が貯まりそう・・・乾燥にも強いそうですね。

f0113632_11331185.jpg最後はスナゴケの仲間らしきコケ・・・コケの蒴に水の雫がくっ付いてました。
コケの勉強はまだ進んでいません。写真だけ撮っておいて草花の少ない冬に勉強しようと思います。
もっと近付いて水玉の中に反射する景色も撮れれば良かったですねぇ・・・コケが小さいので難しそうですが、何時も帰ってきてから後悔するのはどうにかしたいものです。(泣)
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2007-04-21 11:48 | 風景 by 雲雀
休日の散歩
f0113632_1720424.jpg少々、ブログをサボり気味ですが、暇を見つけては山を散策しています。
暖冬、暖冬と云いながらも3月は結構雪が降りました。それでも降雪量は例年の6割程度です。
春が早く来る予感・・・でも町からあまり離れていないのに山間部はまだまだ積もってますねぇ・・・。

f0113632_17215963.jpg羊蹄山も雪が少ないようです。
春が早く来るのはいいことですが、雪融け水の減少で湧き水が夏に枯渇しないか心配になります。
1週間以上早い桜の開花宣言、先日の石川県での震度6強の地震・・・今年も自然災害の多い年になるのかもしれません。
竜巻や台風にも気を付けなくっちゃ!

f0113632_17233487.jpgそんな心配をよそに、白樺の大木からは馬の蹄のようなものがボコボコと飛び出していました。
サルノコシカケ科のキノコ、ツリガネタケのようです。
木の幹を腐らせて自分の養分として取り込むキノコで、よく見られるものですが、こんなに付いてるのはあまり見ません。
気持ち悪いほど付いてました。

f0113632_17241851.jpg木を腐らせる悪者のようですが、このキノコは枯れ木などを土に還す重要な自然界での役割を果たしています。
細かく砕いたものを乾燥させて煎じて飲めば、新陳代謝をうながし、アレルギーなどの皮膚の炎症や痒みをおさえ、肌の潤いを保ちます。弱いながらも制癌作用もあるそうです。
今度採取して来ましょうかね。(笑)

f0113632_1725639.jpgのんびりしていると何時の間にか時間は経つもので、休みの日はアッと云う間に過ぎて行きますね。
夕陽は倶知安町側のニセコアンヌプリ(1,308m)から岩内町側の雷電岳(1,211m)まで1,000m級の山々が約25km連なるニセコ連峰に沈んでいきます。
この山では5月のゴールデンウイークまでスキーやボードが楽しめます・・・もうガリガリのアイスバーンでしょうが・・・。
[PR]
# 北の里山 by kitanosatoyama | 2007-03-27 17:26 | 風景 by 雲雀


冬の里山

北海道の自然を羊蹄山の麓から写真と共に紹介しています。写真をクリックすると拡大します。
by 雲雀
お気に入りブログ
感動写真 なまらいいっしょ!
い~はな屋.net
バスケに思うこと
LITTLE GREEN...
散歩道
会長日記ヾ(≧▽≦)ノ
・・・komiさん。
kosode草紙
・・・小麦さん。
ふたりぐらし
・・・いくら丼さん。
ぴー太郎さんの部屋
・・・いくら丼さん。
雑記帖
・・・まつさん。
伊豆でまったり生きてみる③
・・・takakoさん。
Flower of field
・・・あいこっちさん。
野に咲く花や木々
・・・あいこっちさん。
北海道からこんにちわ
・・・ゆっきぃさん。
わがまま きまま 落書き
・・・レミ君。
しぃとおしゃべり
・・・なびぃさん。
ひつじのかあさん
・・・arutoさん。
イヌのキモチ
・・・よもぎ大福さん。
今日のできごと
・・・ぶっさん。
榮太郎のつぶやき!
・・・榮太郎さん。
緑の森
・・・pencilさん。
SIEG de SCHNA-ジークの生活♪
・・・ちぃさん。
ママの独り言
・・・なほ♪さん。
そよかぜ
・・・そよかぜさん。
愛しのサザビー
・・・AYAさん。
その後のサザビー
・・・AYAさんの兄。
花が好き
・・・hayaseさん。
ひなたぼこ
・・・ふうこさん。
今日の一枚
・・・oyazyさん。
パピヨン大好き
・・・ゆりさん。
しろぶたの独言・・・
・・・ひー様。
落窪物語
・・・ぐぅさん。
スナフキン的放浪記
・・・Akiraさん。
Akira.O's photos
・・・Akiraさん。
3階建・新築日記
・・・takakoさん。
Yokkoの日記
・・・Yokkoさん。
さいとうさんのオリーブ奮闘記
・・・さいとうさん
椎菜☆の日々生活
・・・椎菜☆さん
北の里山
・・・毎日写真1枚公開中。

------------------------------
●過去Blog●
北の里山Ⅰ
・・・以前のBlog。
北の里山Ⅱ
・・・以前のBlog。
irugi
・・・uminekoさん。
kosode草紙
・・・ゆすらうめさん。
なを蔵庫
・・・なをさん。
行雲流水
・・・松風さん。
行雲流水 2
・・・松風さん。
伊豆でまったり生きてみる①
・・・takakoさん。
伊豆でまったり生きてみる②
虫さん専用
・・・レミ君。
花が好き
・・・hayaseさん。
"ちょこ"と一緒 №1
・・・hayaseさん。
"ちょこたろう"と一緒に
・・・hayaseさん。
ひなたぼこ
・・・ふうこさん。

------------------------------
●HP●
あいこっち的 野の花図鑑
・・・あいこっちさん。
田舎のさんぽみち・風のたよりPⅡ
・・・レミ君。
愛しのサザビー・特設サイトGood Luckサザビー・サザビー
・・・AYAさん。




------------------------------
『コケ愛好会』会員募集中!
コケが好き!ならどなたでも
OK♪です。ご一報を!

会長 会長日記ヾ(≧▽≦)ノ
    ・・・komiさん
会員 kosode草紙
    ・・・小麦さん
会員 ふたりぐらし
    ・・・いくら丼さん
会員 チワワ屋本舗と和の
    ビーズ・・・くーちゃん
会員 行雲流水2
    ・・・松風さん
会員 伊豆でまったり生き
    てみる・・・takakoさん
会員 北の里山
    ・・・雲雀

 <<コケ愛好会理念>>
地球を苔玉化し世界平和を!
(現在、世界をコケで覆いつく
す計画、進行中)


カウンター 無料
seo 相互リンク 無料YouTubeアニメ高速バス





カウンター


[PR] キャッシング
最新のトラックバック
カテゴリ
以前の記事
タグ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧